オークションとは

Posted: 2020年4月21日 カテゴリー: スマホで副業

オークションと言えばお金持ちの道楽、というのも今は昔でしょう。

インターネットを利用したオークションが隆盛で、一般の方が多く参加して賑わっています。

大手のポータルサイトが運営するネットオークションは参加者も多く、売りたい時だけでなく買いたい時にも重宝するでしょう。

オークションの参加人数が少ないと、売るのを苦労するだけでなく欲しいものが売ってない事もあります。

より身近な存在になったという事で、古くからあるオークションとはかなり雰囲気に違いが見られますね。

対象となる商品は芸術品やアンティークばかりとは限らず、日用品がオークションにかけられる事もあります。

着なくなった服があるけど捨てるのは勿体ないし、という時にネットオークションを利用するとリサイクルショップの感覚になるでしょうか。

消費者と消費者を直接繋ぐオークション

オークションを利用して不要品を換金する行為は、間に業者を挟まないため余計なマージンがかかりません。

消費者同士を直接繋げるため、場合によってはかなりお得に商品を購入する事ができます。

もちろんオークションなので他に欲しい人がいれば競合し、価格は釣り上がっていくので注意しましょう。

カフェ開業

人気が高かったり希少性があったりする商品は、オークションらしく落札者が増えてきます。

誰でも簡単に出品できるので、家に掘り出し物がないか見てみると良いでしょう。

オークションの希少性が高いものに対して高値が付きやすい特性を利用して、ある程度の儲けを狙う事も可能です。

様々な出品者

オークションには様々な出品者がいるのですが、官公庁というお堅い主催者によって開かれるものがあります。

一口に言うと税金滞納者から差し押さえた嗜好品が換金目的で出品される、掘り出し物の多いオークションです。

換金できるものを差し押さえるため、一般人が出品するオークションに比べてかなりレベルの高い商品が並びやすいのが特徴です。

高級車や高価なジュエリーは定番なので、季節ごとに官公庁のオークションをチェックしている方も多いのではないでしょうか。

官公庁が主催するオークション最大の目玉と言えば、やはり公有財産だと思われます。

通常では手に入らないような、それこそマニア垂涎と言えるものが出品されます。

ただし、官公庁のオークションは通常とは少し異なる点が幾つかあるので注意しましょう。

たとえば税金滞納で差し押さえられたオークション商品の場合、税金が納付されると出品をキャンセルされる事があります。

色々なオークションがあるので、ブログやサイトから情報収集して気に入ったものに参加してみては如何でしょうか。

ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ

FXの情報商材

Posted: 2020年4月21日 カテゴリー: スマホで副業

最近よく目にする「情報商材」って聞いたことありますか?

ほとんどの人が「知らない」と答えるでしょう。

なぜかというと、最近ブームになったばかりで、どこからか商品を買ってきて、自分のブログや証券情報管理サイトで販売していることがほとんどの人に知られるようになってきたからです。

そして、この商品ですが、最近ではFX(外国為替証拠金取引)でも取り上げられています。

その内容は、「損失を取り戻すためのFX」や「勝率9割を1割にするためのFXデイトレード」などがあります。

つまり、私がFXで稼いだ手法の “お試し “として販売しているのが、この情報商材と呼ばれるものです。

“証券会社でやっているからFXは売れない “ということですよね?という多くの人が考える盲点を突いたこの商材が、実はバカ売れしているのです。

なぜ人気が出ているかというと、損失を経験した人がしっかりと勝ちたいと思っているからです。

そのため、FX証券が知られるようになって参加者が増えると、そういったサイトで検索する人も比例して増えていきました。

最近では、FX取引のメルマガの定期購読も扱っているサイトも増えてきており、これからますますヒートアップしていきそうな情報商材です。

結局のところ、本当に第一にしっかりと利益を出したいのであれば、FXもいいですが、個人サイトで「ドロップシッピング」や「自分の分野での代理店活動」を売るのもいいと思います。

全国の消費生活センター等_国民生活センター

スーパーやデパートの食品売り場、薬局の特売品コーナーなどに並んでいる商品はメーカーからの出荷後、各店舗の会社が所有する倉庫へ一旦集まります。

その物流センターの倉庫で短期アルバイトをしていました。

初日に教わることは倉庫の棚に集められた出荷用の商品をバーコードスキャンして手押しカートに積み込む作業です。

基本的にこの繰り返しの単純な作業を一日中繰り返すのですが、中には重いものもあります。

特に重いのはペットボトル飲料やミソ、力仕事に慣れていなかったのできつかったのを覚えています。

そして、度々叱られたのが積み上げ方です。

これは特に注意するべき点でした。

例えばミソなどの内容物が柔らかいものをカートの下へ積み込めば潰れて中身が破損します。

破損すれば店頭に並べることができない不良品と化します。

まるっきり損害になるんですね。

だから、積み上げ方には毎度毎度耳にタコができるぐらい注意されました。

職人気質ではないのですが、口うるさい人が多いのもこの職種独特の特徴だそうです。

談笑するような和やかで余裕のある現場ではありません。

複数店舗を持つスーパーへの出荷ですから次々に出荷リスト、特売品リストがやって来ます。

人間関係云々よりみんな黙々と作業するしかないのでコミュニケーションが苦手な方や、在宅ワークをしていて力仕事が得意なら大丈夫だと思います。

忍耐力がある程度必要でしたけどね。

やはり、積み方についてはガミガミと言われるのでストレスが溜まりました。

慣れると右から左に華麗に流して、ある程度自己流でやって行けます。

時給もそこそこ良く、残業手当も付いたのでおいしいと言えばおいしいアルバイトでした。

ただ、おいしいアルバイトには危険がつきものと言うべきでしょうか。

倉庫の中の通路はリーチフォークリフトが数台走り回っています。

人が押して走り回るカート、リーチフォークリフトが倉庫を縦横無尽です。

普通、歩行者優先ですが、倉庫内ではリーチフォークリフトが優先でした。

暗黙の了解とでも言うんでしょうか。

そんな雰囲気があったのです。

そのアルバイトを辞する前にその点だけは歩行者を優先するようにお勧めしました。